四阿山

      2018/07/19

四阿山、根子岳の基本情報

根子岳から見た四阿山。見た目はあまりぱっとしない山ですが、山頂からの見晴しは最高です。

山名 ①四阿山(あずまやさん)、②根子岳(ねこだけ)
標高 ①四阿山:2,354m、②根子岳:2,207m
場所 ①四阿山:長野県須坂市米子、②根子岳:長野県上田市真田町
駐車場 菅平牧場
備考

駐車場情報

菅平牧場駐車場

ここ観光牧場内の駐車場なので、牧場入口で入場料を支払います。一番奥まで進むとトイレや売店の建物のすぐ横に駐車場がいくつかあります。

四阿山への登山口は、牧場内の舗装道路を右へ進みます。

azumayama01

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 200円/日(牧場への入場料として大人1名:200円、子供1名:100円)
駐車可能台数 約50台
最終確認日 2006年10月17日
備考

登山ルート情報

菅平牧場周回ルート

出発地点 菅平牧場駐車場
所要時間 5時間55分
登山ルート 菅平牧場駐車場~四阿山~根子岳~菅平牧場駐車場

テント場情報

休暇村嬬恋鹿沢キャンプ場

営業期間 4月下旬~10月中旬
サイト数 8張り
料金 フリーサイト使用料:1,030円、管理費(大人一人):410円
予約、問合せ 0279-98-0511
備考 駐車場:50台(無料)
詳細は、オリジナルサイトへ → こちら

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

牧場内に公衆トイレがあります。また牧場内には牛乳やアイスクリームの売店と休憩施設があり、営業時間内であれば、そちらのトイレも利用可能です。

コンビニ情報

牧場内には、コンビニはありませんので、必要な方は牧場内に入場する前に立ち寄っておく必要があります。

登山記録


矢印。上の写真の解説です。四阿山への登山ルートはいくつかありますが、今回は菅平牧場から登るルートを歩いてみました。菅平牧場の駐車場は無料なのですが、牧場内に入るのには入場料が必要になります。

現時点では、大人一人200円、子供一人100円でした。私は単独登山なので、入口で200円を支払って一番奥の駐車場に車を止めて歩き始めることにしました。

矢印。上の写真の解説です。駐車場のすぐ近くには、搾りたての牛乳や濃厚なアイスクリームやピンバッジなどが売っている小さなお店と公衆トイレがあります。上の写真の進入禁止の赤いマークの奥にあるのがトイレです。

矢印。上の写真の解説です。今回は四阿山から先に登り、そのご根子岳を経由して駐車場に戻る周回ルートです。四阿山の登山口に向かって舗装道路を進むと左に広大な牧場が広がり、その奥に根子岳と四阿山が見えます。

10月中旬の腫れた日は、吹く風も寒いという感じではなく、すがすがしい気持ちよさがあります。

矢印。上の写真の解説です。後ろを振り返ると北アルプスにはもう雪が降ったようです。長野県の山は本当に広大な感じがして好きです。

矢印。上の写真の解説です。ここが四阿山の登山口です。なんだかマラソンのスタート地点のような登山口です。ここは完全に菅平牧場の敷地内なのでわかりやすく設置してくれているのでしょう。

矢印。上の写真の解説です。ちょっと登っただけで広大な景色が広がります。麓はスキー場だらけだということがわかります。

矢印。上の写真の解説です。反対側を見ると噴煙をあげる浅間山が見えます。浅間山の右の平らな部分の右端あたりが黒斑山でしょう。

矢印。上の写真の解説です。明るい林を抜けると正面には四阿山の山頂部分が見えてきます。ずっと登り坂ですが見晴らしが素晴らしいのでゆっくりと景色を楽しみながら登ることができます。

矢印。上の写真の解説です。途中の案内板にはしっかりと日本百名山と書かれています。山頂に登ってみれば日本百名山に選ばれた理由がわかります。

矢印。上の写真の解説です。駐車場から2時間20分ほどで四阿山の山頂に到着しました。山頂は細長く人がゆっくりと座ってくつろげるようなスペースはあまりありません。当然ベンチやテーブルなども一切ありませんが見晴らしは最高です。

矢印。上の写真の解説です。正面には浅間山と黒斑山が見えます。手前に見える湖は田代湖です。この湖は東京電力が発電用に作った人造湖で観光施設ではなく、釣りや水遊びなども一切禁止されているようです。

矢印。上の写真の解説です。反対側を見るとこれから登る根子岳と奥には北アルプスが見えます。根子岳も360度の展望があることがよくわかります。

矢印。上の写真の解説です。東側をみると草津や志賀高原方面が一望できます。手前の万座温泉の泉質もすばらしいのでぜひ日帰り温泉で汗を流してから帰りたいものです。

矢印。上の写真の解説です。あまりに見晴らしが良いので1時間近くも休憩してしまいました。慌てて根子岳へ向かいます。いったんずーと下って笹原を進み、そこから根子岳の山腹に取りつき登り返します。

矢印。上の写真の解説です。ここから根子岳へ向かいます。ずっと見ていたくなる眺めです。

矢印。上の写真の解説です。四阿山の山頂からずっと下って平らな笹原まで降りて来ました。ここから根子岳の山頂まで登り返します。山頂までは大きな木もなく笹原が続きますので、登っている間も展望を楽しみながら歩くことができます。

矢印。上の写真の解説です。根子岳の山頂から四阿山の山頂を見ると細長い山頂だということがよくわかります。

矢印。上の写真の解説です。ここが根子岳の山頂です。四阿山の山頂からここまでは、近いように見えて1時間10分もかかりました。

矢印。上の写真の解説です。根子岳の山頂は、平らな場所はありませんが広いので座ってゆっくりと休憩することができます。こちらは西側の見晴しです。

矢印。上の写真の解説です。どの方向をみても遠くにまで山が見えます。

矢印。上の写真の解説です。しかしどうしても目がいってしまうのが雪を被った北アルプスです。まだ登ったことがない憧れの山です。

矢印。上の写真の解説です。根子岳の山頂から駐車場を目指して下ってくると牧場内にある水場に牛たちが集まっているのが見えました。こんな自然な環境で育てられた牛の牛乳はまずいはずがありません。

下山後の牛乳が楽しみです。

まとめ

全行程で6時間弱だったのですが、四阿山の山頂で1時間弱、根子岳の山頂で30分弱の休憩を取っているので実質的な歩行時間は4時間半前後です。このルートは全行程で素晴らしい展望が広がるおすすめのコースです。

牧場のおいしい牛乳やアイスクリームを食べたいのならば、やはり夏に来るのが一番でしょう。

[スポンサードリンク]

 - 長野県 , , , , , ,