六ツ石山

      2016/10/23

駐車場情報

奥多摩水と緑のふれあい館駐車場

ここはふれあい館の駐車場ですが、もちろん奥多摩湖散策の観光客や登山者も利用可能です。ふれあい館内のトイレは開館しないと利用できませんが、堤防の横に公衆トイレがあります。

またこの駐車場は屋根がついているので夏には車が熱くならずにとても助かります。

mutsuishi01

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約60台
最終確認日 2013年8月14日
備考

無料駐車場

上のふれあい館の駐車場が一杯の場合には、少し戻ってここに駐車するとよいでしょう。ここはふれあい館よりも登山口により近いので不便な駐車場というわけではありません。

mutsuishi02

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約40台
最終確認日 2013年8月14日
備考

登山ルート情報

水根沢林道コース

出発地点 奥多摩水と緑のふれあい館駐車場
所要時間 5時間19分
登山ルート  駐車場~トオノクボ~六ツ石山山頂~水根沢林道~駐車場

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

小河内ダム横に公衆トイレがあります。

コンビニ情報

駐車場近辺にはありません。青梅市内で早めに立ち寄っておくことをおすすめします。

日当たりのよい明るい山頂

山頂はお椀を伏せたような丸い感じの山頂で、日当たりも良く明るい山頂ですが、まわりの樹木が成長していたためか、遠くを見渡すことは殆どできなくなっています。

mutsuishi08

山頂には、看板と三角点がしっかりと設置されています。今回は天気が悪くて見晴らしがどうなのかは一切わかりませんでしたが、まわりの樹木が日に日に成長し、見晴らしがどんどん失われていっているように見えました。

mutsuishi07

登山道は暗い道が多い

車道から民家の横を通り抜けると森の中に入っていきますが、ここは杉やヒノキの植林の森のため、日中でも日が差し込むことは少なく薄暗い登山道です。

またかなり登っていくと自然林の森の出てきますが、それでも歩く人は少ないらしく、野生味溢れる道がいくつかあります。

mutsuishi04

足元はシダ類の草に覆われていますが、目を凝らしてみるとかすかに踏み跡が見えてきます。その踏み跡をたよりに上に登っていきます。

mutsuishi05

さらに進むとしっかりとした登山道に戻ります。自然林の中はやはり明るくて安心です。

mutsuishi06

この日は、ガスっていて見晴らしは良いのか悪いのかわかりませんが、全体的に山頂のまわりは背の高い木に囲まれている感じがします。ただ、山頂の真上は抜けているので日当たりも良く明るい山頂だということはわかります。

水根沢林道は危険

mutsuishi09

六ツ石山を通り抜けて、水根沢林道を通って変えるのが良さそうだと地図上で決めてきたのですが、いざ行ってみると案内板に、「水根方面、通行注意、この先、沢沿いのため道幅狭し」という注意書きがぶら下がっていました。

今回は、疲れていたので遠回りはやめて水根沢林道を通って下山することにしましたが、やはり注意が気の通り、とても危険な道でした。

右側が高さは良く見えないのでわからないのですが、道幅が左の山から崩れてきた土砂でほぼ15cmくらいしかない場所がたくさんありました。

しかも左から土砂が落ちてきているので路面が崖のほうに傾斜しています。もし雨でも降っていたら、間違いなく滑って落ちてしまいます。

私は2度と通らないと固く誓いました。下山は、倉戸山経由で戻られることをおすすめします。(鷹ノ巣山へ登った時は倉戸山経由で下山しました。)

[スポンサードリンク]

 - 東京都 , ,