東京都 7~8時間コース

鷹ノ巣山(六ツ石山経由)

更新日:

鷹ノ巣山の基本情報

鷹ノ巣山山頂全景

鷹ノ巣山山頂全景

鷹ノ巣山の山頂にある銘板は最近新しく建て替えられました。山頂の南側の木もきれいに伐採され、奥多摩湖の南側にある山々を一望できるようになり、鷹ノ巣山の人気はさらに高まりそうです。

山名 鷹ノ巣山(たかのすやま)
標高 1,736.6m
場所 東京都西多摩郡奥多摩町
駐車場 奥多摩水と緑のふれあい館駐車場(無料)
備考

駐車場情報

奥多摩水と緑のふれあい館駐車場

ここはふれあい館の駐車場ですが、もちろん奥多摩湖散策の観光客や登山者も利用可能です。ふれあい館内のトイレは開館しないと利用できませんが、堤防の横に公衆トイレがあります。

またこの駐車場は屋根がついているので夏には車が熱くならずにとても助かります。

mutsuishi01

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約60台
最終確認日 2019年6月6日
備考

無料駐車場

上のふれあい館の駐車場が一杯の場合には、少し戻ってここに駐車するとよいでしょう。ここはふれあい館よりも登山口により近いので不便な駐車場というわけではありません。

mutsuishi02

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約40台
最終確認日 2019年6月6日
備考

登山ルート情報

六ツ石山~鷹ノ巣山~倉戸山(周回)ルート

出発地点 奥多摩水と緑のふれあい館駐車場
所要時間 7時間37分(山頂での休憩:44分)
登山ルート  駐車場~六ツ石山~鷹ノ巣山~倉戸山~駐車場

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

小河内ダム横に公衆トイレがあります。

コンビニ情報

駐車場近辺にはありません。青梅市内で早めに立ち寄っておくことをおすすめします。

六ツ石山~鷹ノ巣山登山記録

駐車場から登山口へ(所要時間:約30分)

奥多摩水と緑のふれあい館

ここが奥多摩水とみどりのふれあい館の駐車場です。24時間開放されていていつでも駐車できます。しかも屋根付きです。

真夏の8月に長時間駐車しても車の中が熱くなりません。本当に助かります!

むかし道入口

駐車場から青梅街道まで戻り、道を渡った向かい側の道を入っていきます。入口には「むかし道入口」などの看板がいろいろと立っています。

水根沢林道との分岐

ここを直進すると水根沢林道に入ります。登山口はここを右に曲がります。

六ツ石山への案内板

水根沢林道入口の右側には「六ツ石山」と書かれている案内板があります。

六ツ石山、鷹ノ巣山登山口

舗装道路を2度ほど折り返して登って行くと登山口が見えてきます。左へ登って行く白い手すりのある細い道が登山口です。駐車場からここまで約30分でした。

登山口から六ツ石山へ(所要時間:約2時間)

鷹ノ巣山への登山道

民家のすぐ横を通り抜けるとすぐに植林の森の中へ入っていきます。登山道は明瞭で要所要所に案内板があるので道に迷うことはありませんが、傾斜はかなりきつく疲れます。

おまけに六ツ石山までほとんど展望はなく、きつい登りがずっと続きます。

下草の生い茂った登山道

途中の森の中で木が無い場所があるのですが、シダ類の下草が生い茂り道が不明瞭になっていますが、近くまで行くとつづら折りに道があるのがわかります。

ちょっと薄気味悪い場所です。

六ツ石山の山頂に到着!

六ツ石山山頂

登山口から2時間ほどで六ツ石山の山頂に到着しました。山頂はお椀を伏せたように丸くなっていて平らな場所は少なくなっています。山頂スペースはあるのですが、まわりの樹木が成長していて見晴らしは殆どありません。

六ツ石山山頂のポール

六ツ石山の山頂にあるのはとても質素な山名板です。それでも標高は1,478.8mもあります。

六ツ石山山頂の三角点

六ツ石山の山頂にあるのは三等三角点です。国土地理院のサイトによると基準点名は「境」で5万分の1地形図名は「五日市」です。

六ツ石山から鷹ノ巣山へ(所要時間:約1時間40分)

鷹ノ巣山への案内板

六ツ石山の山頂を通り過ぎて下っていくと最初の案内板があります。ここを鷹ノ巣山方面へ進みます。ここを左へ曲がります。

分岐する登山道

六ツ石山から水根沢林道の分岐あたりまでは傾斜は緩やかでとても歩きやすく体力を奪われるような場所はあまりありません。ただ、ずっと森の中を歩くので見晴らしはありません。

分岐にある案内板

案内板の下にぶら下がっているのは行方不明者を捜しているというポスターです。一見危険な場所などなさそうな登山ルートなのですが、何が原因で遭難してしまったのか知りたいものです。

鷹ノ巣山尾根筋への案内板

ここで道が尾根筋の道と山の斜面のまき道に分かれます。直進のまき道のほうが楽そうなのですが、少しでも明るい道を歩きたいので尾根筋へ進むことにしました。

明るい尾根筋の登山道

尾根にある道ははやり明るく気持ちの良い道でした。

 

分岐にある案内板

途中で下を並行に走っているまき道へ行ける分岐があります。下のまき道を歩きてここで尾根筋へ出ることも可能なようです。

倉戸山・水根方面への案内板

案内板には「倉戸山・水根・熱海」と書かれています。今回の下山ルートである倉戸山から熱海の文字がここで確認できました。

空が開けてきた登山道

尾根筋の登山道はさらに明るく気持ちの良い道になってきました。

次のページへ >

↓ ↓ ↓ 【安く泊まるならビジネスホテルがおすすめ!】↓ ↓ ↓

-東京都, 7~8時間コース
-, , ,

Copyright© マイカー登山者のための駐車場情報 , 2019 All Rights Reserved.