両神山

      2016/10/19

駐車場情報

(仮称)両神山荘最上部駐車場

登山口に一番近い場所にあるチップ制の公衆トイレの両側が両神山荘の有料駐車場です。合計で13台ほど駐車可能ですが、宿泊者の方が優先になりますので、断られることがあります。

ryokamis06

料金 有料(1日:500円)
駐車可能台数 約13台
最終確認日 2016年8月26日
備考  利用の申し込みは、登山口にある両神山荘へ。

両神山荘屋根付き休憩舎横駐車場

路線バスの折り返し地点であるこの場所は、以前は無料だったのですが、今現在は有料になっています。そのためこの日は1台しか止まっていませんでした。

ryokamis04

駐車料金 有料(1日:500円)
駐車可能台数 12台
最終確認日 2016年8月26日
備考 管理は、登山口にある両神山荘が行っています。登山を開始する前に立ち寄ってお金を支払いましょう。

無料駐車場 1

ここが登山口に一番近い無料の駐車場です。雑草が生えてきていますが、良く見るとトラロープで区画されています。数えてみると17台ほど止められるようになっています。

ryokamis03

駐車料金 無料
駐車可能台数 17台
最終確認日 2016年8月26日
備考

無料駐車場 2

ここが次に近い無料の駐車場です。ここも一応トラロープで区画されています。

ryokamis02

駐車料金 無料
駐車可能台数 11台
最終確認日 2016年8月26日
備考

登山ルート情報

日向大谷口~清滝小屋~両神山山頂(往復)ルート

出発地点 日向大谷口無料駐車場
所要時間 5時間43分
登山ルート  駐車場~清滝小屋~両神山山頂(往復)

山小屋、テント場情報

清滝小屋

ryokami07

営業 通年
収容人数 小屋泊:80名、テント場:10張
料金 1泊2食:5,000円、素泊まり:3,000円
連絡先 両神村森林組合 TEL 0494-79-1723 FAX 0494-79-1132

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

登山口手前にチップ制のトイレがあります。また、無料駐車場の先の道路沿いに公衆トイレがあります。

コンビニ情報

駐車場の近くにはありません。秩父市内、小鹿野町のコンビニに立ち寄っておくことをおすすめします。

日帰り温泉情報

両神温泉薬師の湯

両神山から秩父方面へ向かうと道の駅と併設されるかたちで薬師の湯があります。敷地内には、温泉だけでなく、食堂や売店そして農産物直売所もあり、湯上りに見て回るのもよいでしょう。

ryokamis07

料金 大人:600円、小学生:240円、幼児:120円
休館日 毎週火曜日(休日の場合は翌日)
備考 詳しくは、オリジナルサイトへ → こちら

ミニ情報

農産物直売所

8月末に立ち寄ってみると、農産物直売所で、キズのあるトマトが6個で150円(税込み)で売っていたり、なすが6個で100円、ゴーヤが3個で100円と格安で売っていました。

場所は、上の両神温泉薬師の湯と同じ敷地内です。

ryokami08

自然の森の美しさがよくわかる山

日本百名山にも選ばれている両神山(りょうかみさん)ですが、この山の魅力の一つは自然の森の美しさです。新緑の時期の緑の美しさはもちろんのこと、紅葉の時期が一番おすすめだと清滝小屋のご主人が言ってました。

ryokami00

登山道は殆ど自然林の中を歩くので夏は木漏れ日の中、気持ちよく歩くことができます。

ryokami06

清滝小屋のまわりの木々も新緑の時期(この時は6月上旬)は、こんなにも鮮やかな緑色の葉が出迎えてくれます。

ryokami08

難所は2ケ所

清滝小屋までの登山道は、歩きやすい安全な道が続きますが、小屋から先の道は傾斜もきつくなり、ロープ場が1ケ所とクサリ場が1ケ所ありますので、慎重に通り抜けましょう。

特にロープ場は日当たりが悪く常に土が湿っています。湿った土が靴底に着くと木の根などに乗った時、とても滑りやすくなります。

ryokami09

山頂直下のクサリ場は垂直に近いので腕力で登っていくしかありません。下山時も落ち着いてしっかりとクサリに掴まって下りましょう。

ryokami10

両神山山頂

両神山の山頂は、岩場で平らな場所は一切ありません。またとても狭くてのんびり座ってお昼を楽しむことのできる場所でもありません。

ryokami11

10人もいたら身動きがとれなくなるので展望を楽しんだら、次の人に場所を譲ってあげましょう。山頂の看板は岩場の下にあります。

ryokami12

「日本観光地百選入選記念」なる石碑が置かれていますが、誰でも気軽にこれるような観光地とは思えませんが・・・。

ryokami13

秩父の武甲山から小持山、大持山への稜線がよくわかります。普段見ている方向とは真逆から見ていることになります。

ryokami14

[スポンサードリンク]

 - 埼玉県 , ,