志賀山

      2016/10/23

駐車場情報

木戸池無料駐車場

ここは志賀山やまわりの池塘散策に便利な駐車場で、す近くの木戸池の横にも無料で止められる駐車場と公衆トイレがあります。登山口は道路を渡った反対側の倉庫の横にあります。

akaishi01

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約20台
最終確認日 2003年8月29日
備考  駐車場は、木戸池入口手前の駐車スペースと木戸池湖畔の公衆トイレ横の2ケ所あります。

登山ルート情報

木戸池~志賀山~四十八池湿原~木戸池(周回)ルート

出発地点 木戸池駐車場
所要時間 4時間15分
登山ルート  木戸池~志賀山~四十八池湿原~木戸池

テント場情報

木戸池キャンプ場

志賀高原で唯一のキャンプ場で、標高が1,640mもあるため、夏でも朝晩はかなり冷え込みます。木戸池温泉ホテル入口手前の駐車場の向いがキャンプ場です。

営業期間 6月中旬~10月下旬
利用料金 大人:800円
申し込み先 (お問い合わせ)木戸池温泉ホテル:0269-34-2821)
備考 詳細は、木戸池温泉ホテルオリジナルサイトへ → こちら

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

木戸池観光ホテル前に公衆トイレがあります。

コンビニ情報

駐車場の近くにはありません。

大沼湖畔から見た志賀山が一番美しい

四十八池湿原からも志賀山は見えますが、あまり絵になる写真は撮れません。ところが大沼まで長い階段を降りてレストハウス前の大沼湖畔から見上げた志賀山は雄大に見え、コバルトブルーの大沼と一緒に撮影すると絵になります。

akaishi05

でも今回は、大沼まで下りずに志賀山から逆に大沼を見下ろすことにしました。志賀山の山頂を通り過ぎて途中まで下ると左に登り返す道があります。

これが裏志賀山山頂への道です。下り切って鳥居が出てきたら通り過ぎてしまったのでちょっと登り返してみましょう。

shiga11

ちょっと登ると大沼が見えてきますが、全景は見えません。山頂まで行くと森の中に入ってしまいます。しかも立ち入り禁止のひもが張られています。ちょっとお邪魔して山頂の奥へ進むと森から抜け出す場所があります。

そこからは大沼全体を見渡せるのですが、登山道が雨の浸食でえぐられてきており、危険なため立ち入り禁止にしたのだとわかりました。すぐに写真を撮って引き返します。

湿原や池の散策も魅力的です。

志賀山を下り切り、鳥居をくぐるとすぐに分岐があります。まっすぐに進むと大沼に下れます。今回は右へ曲がり四十八池湿原を通り抜けて、池めぐりをして駐車場まで戻ります。

shiga13

大きな池が川から流れ込んだ土砂で埋まり、浅くなって池塘(ちとう)になっていく過程がよくわかります。その後数百年経ったら日光の戦場ヶ原のように殆ど原っぱのようになるようです。

shiga12

ひょうたん池や渋池は朝の風のない時間帯には、このように水面が鏡のようになってとても美しい写真が撮れます。きっと紅葉の時期はもっとすばらしいのでしょう。

shiga09

渋池にも浮島のように浅くなった部分が出来てきて草が生え始めています。ここに鳥のフンの中に木の種があれば、より大きな木が生えてくることになります。

shiga10

[スポンサードリンク]

 - 長野県 , , , ,