マダニに咬まれ死亡

      2017/06/09

2016年8月13日、北海道に住む40歳代の男性がやぶに入ってマダニに咬まれ、ダニ媒介脳炎で死亡しました。

この男性は7月中旬にダニに咬まれたとみられ、発熱、筋肉痛そして髄膜炎の症状が出て、7月25日に入院し、8月13日に死亡したそうです。

登山者は、森の中に入って、やぶ漕ぎなどもせざるを得ないことがよくあるので、できるだけ長袖長ズボンで登山を行うよう注意したほうが良いでしょう。

また虫よけなどを手足や首そして、虫よけスプレーを衣類にかける等、ダニに咬まれないための対策も十分にすることがこれからは大切になるでしょう。

[スポンサードリンク]

 - ニュース(病気) ,