埼玉県 5~6時間コース

蕨山

更新日:

金毘羅神社跡~大ヨケの頭(約1時間)

金毘羅神社跡にある案内板

赤い上向き矢印の画像金毘羅神社跡の広場には案内板があるのですが、そこには「蕨山」とは書かれていません。蕨山へは「中登坂(ちゅうとうざか)」方面へ進みます。

尾根づたいに続く登山道

青い矢印金毘羅神社跡まで登るとここから蕨山展望台まではほぼ尾根歩きになります。明るく日当たりも良いので気持ちよく歩くことができるのですが、風の強い日はとても寒い思いをすることになります。

樹林の間から見える棒の折れ山

赤い上向き矢印の画像左の木の間から棒の折れ山の山頂が見えます。棒の折れ山の山頂はとても広くて桜の木がたくさん植えられているので満開の時期に当たると山頂で素晴らしい眺めとともに桜を楽しめて最高です。

登山道から見える名栗湖(有馬湖)

青い矢印下を見ると名栗湖が見えます。1時間ほどで随分登ってきたものです。

4月なのに霜柱が・・・。

赤い上向き矢印の画像4月というのに霜柱が立っていました。今日は北風も強くて本当に寒い日です。

広く気持ちのよい登山道

青い矢印自然林の広がる広い尾根歩きは気分爽快です。まだ葉が出てきていないので本当に明るく、まわりの山々も樹林の間から眺めることができます。

樹林の間から見える蕨山展望台

赤い上向き矢印の画像右に目をやると目的地の蕨山展望台が見えてきました。葉が生い茂ると全く見えなくなるので、冬から早春にかけてのご褒美のようなものでしょう。

アセビの白い花

青い矢印途中の登山道沿いにはアセビの白い花が咲いていました。この時期(4月上旬)には、山の上で咲いている花はまだ何もないのでほっこりします。

アセビは木全体に毒性があるため他の植物がまわりに生えることが少なく、アセビが群生していることが多いそうです。

大ヨケの頭に到着!

大ヨケの頭

赤い上向き矢印の画像金毘羅神社跡から1時間ほどで「大ヨケの頭」と書かれた場所に到着します。ここには山頂に立っている看板と同じ看板が立っていて標高まで書かれています。

ベンチがあればいいのにと思うのですが、残念ながら一つもありません!

大ヨケの頭~藤棚山(約30分)

蕨山まで2.5kmの案内板

青い矢印大ヨケの頭には、「蕨山へ2.5km」と書かれた案内板があります。登山口の案内板には、「蕨山へ6.5km」と書かれていたので、もう4km歩いたことになります。

アセビの群落

赤い上向き矢印の画像登山道の両側には、白い花をたわわにつけたアセビの群落があります。このあたりも尾根のてっぺんを歩くので明るくとても気持ちのよい登山道です。

明るい尾根の登山道

青い矢印葉が全部落ちる冬はとくに明るく気持ちの良い登山道が続きます。

藤棚山に到着!

藤棚山

赤い上向き矢印の画像大ヨケの頭から30分ほどで藤棚山に到着します。藤棚山の山頂は樹林の覆われていて展望はありませんが、ベンチが1つだけ置かれているので座って休憩することができます。

藤棚山山頂の看板 標高920.2m

青い矢印藤棚山の標高は920.2mで山頂には三等三角点が設置されています。ここから蕨山の展望台までは、急な登りが3ケ所ほどありますので、ここでしっかり休憩しておいたほうがよいでしょう。

藤棚山にある三角点

赤い上向き矢印の画像これが藤棚山にある三等三角点です。樹林に囲まれているせいか、風化や浸食の少ない比較的きれいな三角点です。

藤棚山~蕨山展望台(約30分)

尾根づたいの登山道

青い矢印藤棚山から蕨山の展望台までは、距離は長くないのですが急な登りが3ケ所ほどあり、結構体力を奪われます。歩幅を狭めてゆっくりと登ると比較的疲れずに登ることができます。

蕨山展望台前の急な登り坂

赤い上向き矢印の画像写真ではそれほど急傾斜に見えませんが、結構疲れる急坂が続きます。3回ほど急傾斜を越えると展望台に到着します。

蕨山展望台に到着!

蕨山展望台にある看板

青い矢印藤棚山から30分、駐車場から2時間50分で蕨山展望台に到着しました。展望台には、蕨山1,033mと書かれた看板が立っています。

蕨山展望台の写真

赤い上向き矢印の画像展望台はそれほど広くはないのですが、ベンチが3つほど置かれているので座って休憩することができます。

蕨山展望台の広場

青い矢印蕨山展望台は東側のみが開けていて遠くまで見通すことができます。

蕨山展望台から見える武川岳

赤い上向き矢印の画像一番手前にある山が武川岳でその右側には伊豆が岳と古御岳、高畑山などをまじかに眺めることができます。

蕨山展望台から見える丸山と堂平山

青い矢印奥の山を見るとあしがくぼの丸山や東秩父の堂平山が見えます。双眼鏡を使うと堂平山にある旧国立天文台のドーム天井も確認できます。

蕨山展望台から見える関八州見晴台

赤い上向き矢印の画像さらに右奥の山を見ると飯能市の関八州見晴台も見ることができます。関八州見晴台は毎年必ず登るのですが、山頂から蕨山展望台を山座同定したことはありませんでした。

今度登った時にはきっちりと確認し、写真を撮っておこうと思います。

今回は完全なる往復登山なので、登ってきた道をひたすら辿って下山します。

まとめ

パソコンで記事を書く青年のイラストさわらびの湯方面から蕨山展望台を往復する今回のルートは、5時間ちょっとで往復できるルートです。

登山道は案内板がしっかりと設置されており、不安を感じるところは一切なく、だれでも安心して登れる山です。

登山道の傾斜は、駐車場から金毘羅神社跡までと藤棚山から蕨山展望台までの区間が急登が続きます。金毘羅神社跡から藤棚山までは明るく気持ちのよい尾根歩きが続くのですが、樹林の中を歩くことが多いためスッキリした見晴らしは期待できません。

ただ秋から早春にかけては、落葉により明るく樹林の間からまわりの山を確認することはできます。

また金毘羅神社跡から藤棚山までの尾根歩きでは小さなアップダウンが何度もあるので、下山時にも同じようにアップダウンがあることを忘れてはいけません。

足が攣りやすい人は、下山時の上り坂のことを考慮に入れて体力を温存しておくことをおすすめします。

-埼玉県, 5~6時間コース
-, , , , , ,

Copyright© マイカー登山者のための駐車場情報 , 2020 All Rights Reserved.