埼玉県 3~4時間コース

大霧山(~旧定峰峠)

更新日:

大霧山の基本情報

大霧山

大霧山山頂

このルートは、半分が車道歩きになるので、まだ深い森の中を歩く登山に不安がある初心者の方におすすめのコースです。今回利用する駐車場は「ヤマメの里公園駐車場」で24時間開放されている無料の駐車場です。

駐車場から登山口までは約20分ちょっとで、ずっと舗装された歩道及び車道上を歩きます。銀鱗亭の看板の先にある登山口からは森の中に入るのですが、車道に出たり森の中に入ったりを繰り返しながら粥仁田峠まで行きます。

粥仁田峠からは本格的な登山道で大霧山を経由して旧定峰峠そして経塚のバス停の手前まではずっと登山道になります。経塚のちょっと手前で車道に合流し、経塚バス停で路線バスの通る道に出ます。

経塚バス停からヤマメの里公園駐車場までは20分ちょっとの車道歩きになります。

コースの後半に車道歩きがあるので、疲れていたとしても歩き切れるという安心感があり、初心者の方にもおすすめできるコースです。

また大霧山の山頂からの展望は素晴らしく、秩父市街を見渡すことができるだけでなく、武甲山両神山、群馬県の浅間山榛名山赤城山、尾瀬の燧ケ岳、日光の男体山そして白根山などを見渡すことができます。

山頂には山座同定できるように山名の記載された案内板も設置されているのでのんびり実際に見えている山と山名を確認することができます。

山名 大霧山(おおぎりやま)
標高 766.6m
場所 埼玉県秩父郡皆野町
駐車場 ヤマメの里公園駐車場(無料)
備考

駐車場情報

ヤマメの里公園駐車場

ヤマメの里公園駐車場

24時間開放されている無料の駐車場で、すぐ近くには笠山、堂平山の登山口があります。駐車場の奥には屋根付きの休憩舎もあるので、下山後の登山靴の履き替えなどが座ってできるので助かります。

トイレは駐車場の川向いにある公園内と橋場方面に100mほど戻ったところにあります。

位置 下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金 無料
駐車可能台数 約20台
最終確認日 2019年11月7日
備考

登山ルート情報

ヤマメの里公園駐車場~大霧山~旧定峰峠~駐車場(周回ルート)

このルートは半分が舗装道路上を歩き、残りの半分が森の中を歩きます。案内板は数多く設置されているため、森の中でも迷うようなことはほとんどありません。

傾斜は、ヤマメの里公園駐車場から橋場までは緩やかな下り坂で、橋場から大霧山の山頂まではずっと登りです。大霧山から経塚バス停までは基本的に下り傾斜ですが、少しだけアップダウンがあります。

最後の経塚バス停から駐車場までは緩やかな下り坂の続く車道歩きになります。

出発地点 ヤマメの里公園駐車場
所要時間 3時間33分(山頂での休憩約30分含む)
登山ルート ヤマメの里公園駐車場~橋場~粥仁田峠~大霧山~旧定峰峠~経塚~ヤマメの里公園駐車場

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

  • ヤマメの里公園内に公衆トイレがあります。(川の対岸なのでちょっと遠い)
  • 駐車場から橋場方面へ100mほどのところに男女別の観光トイレがあります。
  • 橋場(交差点)に観光用のとてもきれいなトイレがあります。
  • 橋場と粥仁田峠の中間あたりにきれいな観光用トイレがあります。

駐車場から橋場方面へ100mほどのところにある観光トイレ

観光トイレ

安いブロックを積み上げたトイレですが一応男女別になっています。

橋場交差点にある観光トイレ

橋場交差点にある観光トイレ

男女別のとてもきれいなトイレです。ウォシュレットではありませんが、洋式の暖房機能のある便座なので寒い冬にはとても助かります。

橋場と粥仁田峠の中間にある観光トイレ

橋場と粥仁田峠の中間にある観光トイレ

かなり新しい観光トイレのようでとてもきれいに管理されています。左のドアは男性用ですが小便専用になっています。右が男女共用の洋式の水洗トイレです。

コンビニ情報

駐車場の近くにはコンビニは一切ありません。

登山記録

駐車場から登山口へ(所要時間:約23分)

ヤマメの里公園駐車場

笠山~堂平山に登る時には必ず利用するヤマメの里公園駐車場で、24時間開放されている無料の駐車場です。

橋場まで15分ほど車道を歩きます。

まずは銀鱗亭の看板の先にある登山口を目指し、車で通ってきた道を下っていきます。

観光トイレ

駐車場から100mほど歩きた場所に観光トイレがあります。簡単な造りですが男女別になっています。

安全な歩道

歩道はとても広く安心して歩くことができます。また通る車の数もとても少ないので車道歩きも気になりません。

2019年の夏の台風や大雨のため、法面の崩落や川岸の護岸崩落で白石車庫までの間で3~4ケ所片側通行になっていました。

橋場交差点

ここが橋場の交差点です。右にあるのが観光トイレで男女別のとてもきれいなトイレです。

両側に駐車スペースがあるのですが、長時間駐車車両が増えたため、「長時間駐車禁止」の張り紙が貼られてしまいました。そのため今回からはヤマメの里公園駐車場を起点とした登山に変更しました。

銀鱗亭の看板

橋場からはずっと登り坂になります。左側に「銀鱗亭」と書かれた看板が見えてきたら登山口はすぐ先です。

大霧山登山口

ここで車道歩きはいったん終了し、未舗装の登山道になります。登山口には複数の案内板が設置されています。

登山口から粥仁田峠へ(所要時間:約40分)

登山道の様子

2019年夏の大雨のためか登山道はかなりえぐられてしまっていました。

車道と合流

登山口から10分ほどで再び車道と合流します。この車道を道なりに上っていきます。

みかん畑

車道の左側にはみかん畑が広がっています。車道とみかん畑のあいだには柵などは一切ないのですが、誰も取っていく人はいないようです。

みかん無人販売所

道の左側には無人のみかん販売所があります。実は今回の登山は、ここでみかんを買うのが一番の目的でした。

100円みかん

中玉で5~6個、ピンポン玉よりちょっと大きいくらいの小さなみかんで10~13個ほど入って税込み100円!今回は下山後に車でここまで来て5袋買って帰りました。

粥仁田峠方面への案内板

みかんの売店からさらに車道を進んでいくと左に曲がる道に案内板があります。大霧山へはここを左に曲がりますが、すぐ先の右手にきれいな観光トイレが新設されているので、必要な方は立ち寄っておくとよいでしょう。

橋場と粥仁田峠の中間にある観光トイレ

これが新設された観光トイレで、とてもきれいに管理されています。

分岐

左へ曲がるとすぐに民家が見えてきます。民家の先は左右に分岐していますが、右へと上っていきます。

登山道の様子

じきに舗装道路から未舗装の道となり、森の中へと入っていきます。

車道と合流

15分ほど森の中を歩くと再び舗装道路と合流します。

粥仁田峠

狭い舗装道路を5分ほど歩くと粥仁田峠に到着します。左が登山口で、屋根付きの休憩舎と登山届提出用のポストがあります。

粥仁田峠峠~大霧山山頂へ(所要時間:約30分)

大霧山への登山口

ここが大霧山への登山口で、ここで車道歩きは終わり大霧山から旧定峰峠まではずっと登山道を歩きます。

登山道の様子

登山道は明瞭で歩きやすい道が続きます。

登山道

両側が斜面になっている尾根道も通ります。

ビューポイント

大霧山の山頂までは殆どが森の中を歩くのですが、途中で見晴らしのよい場所もあります。下の集落はみかんの無人販売所やきれいな観光トイレがあったあたりです。

分岐

道が分岐する場所が1ケ所だけあり、そこには案内板はありません。左が急な登り坂で右が緩やかなまき道になっていて、どちらを歩いても先で合流するので体力に合わせて選択するとよいでしょう。

山頂直下

空が明るくなってきたら大霧山の山頂は目前です。

次のページへ >

↓ ↓ ↓ 【安く泊まるならビジネスホテルがおすすめ!】↓ ↓ ↓

-埼玉県, 3~4時間コース
-, , ,

Copyright© マイカー登山者のための駐車場情報 , 2019 All Rights Reserved.