愛宕山~皇鈴山~登谷山~釜伏山(秩父)1/2

      2018/11/17

愛宕山、皇鈴山、登谷山、釜伏山の基本情報

登谷山(とやさん)の山頂にはベンチが1脚だけ置かれているだけのあまり広い山頂ではないのですが、寄居町方面が見渡せる素晴らしい場所です。特に秋から冬にかけて空気が乾燥する時期には、日光の男体山なども見える見晴しの良い山です。

山名 ①愛宕山(あたごやま)、②皇鈴山(みすずやま)、③登谷山(とやさん)、④釜伏山(かまふせやま)
標高 ①愛宕山:654m、②皇鈴山:679m、③登谷山:668m、④釜伏山:582m
場所 ①愛宕山:埼玉県秩父郡東秩父村坂本、②皇鈴山、③登谷山:埼玉県秩父郡東秩父村大内沢、④釜伏山:埼玉県大里郡寄居町風布
駐車場 橋場観光トイレ横駐車場(無料)
備考

駐車場情報

橋場観光トイレ横駐車場

観光トイレ利用者のための駐車場ですが、両側に駐車スペースがあり、6~7台は駐車可能です。ここからは大霧山登山も便利な駐車場です。

料金 無料
駐車可能台数 約7台
最終確認日  2018年11月16日
備考



登山ルート情報

橋場観光トイレ横駐車場~釜伏山(往復)ルート

出発地点  橋場観光トイレ横駐車場
所要時間  5時間50分
登山ルート 橋場観光トイレ横駐車場~愛宕山~皇鈴山~登谷山~釜伏山(往復)

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

  • 橋場観光トイレの駐車場地内にあります。
  • 小川警察署都槻川駐在所の先70mを左折したところに公衆トイレがあります。

コンビニ情報

駐車場の近辺には全くありません。小川町等で立ち寄っておくと良いでしょう。

立ち寄り湯

玉川温泉

アルカリ性単純泉の天然温泉で循環式のようです。館内の施設は、内風呂、露天風呂、木の図書室や屋外テラスなどでゆったりとくつろぐことができます。

料金は、曜日と時間によって違いがあり、420円~850円程度です。

◇ 玉川温泉の公式サイトはこちら → こちら

ミニ情報

秩父農産物直売所

登山の帰り道が小川方面なら秩父農産物直売所に立ち寄るのも楽しいでしょう。ここは道路沿いに駐車場があるので気軽に立ち寄れます。他にも駐車場の敷地内におやきなどの売店もあります。

場所は上の地図内に印で表示してあります。

登山記録

「橋場」の交差点の横にはきれいな観光トイレがあり、その両側に車が数台駐車できるようになっています。ここから1kmちょっとは車道を歩くことになりますが、ここを起点にして東秩父の4つの山をピストンで歩きます。

もともと交通量は少ないのですが、ガードレールで区画された広い歩道もあるので安心して歩けます。

橋場の駐車場(観光トイレ)から1kmほど歩くと電柱の横に「二本木峠、皇鈴山」と書かれた案内板が出て来ますが、写真の奥から手前に歩いてくるので電柱の影になり目立ちません。

うっかりすると通り過ぎてしまうので注意です。警察の駐在所が出てきたら行き過ぎています。ちょっと引き返すと案内板が見つかります。

電柱の陰になって目立ちません。「これから二本木峠を経由して、愛宕山から皇鈴山へ向かいます。

案内板に従って路地を下りていくと川に私製の橋が見えてきます。この橋を渡り右のあぜ道を奥に見える建物の方向へ進んで行きます。

所どころに案内板が出ているので見落とさないよう歩きます。

舗装道路を歩いたり、横切ったり、畑の間の道を歩いたりして高度を上げていきます。

登山道から舗装道路に出たら、案内板を探しましょう。ない場合はしばらく舗装道路を上っていきます。

二本木峠に到着です。ここにもしっかりと案内板がありますが最初の目的地は愛宕山です。案内板にはその名前はなく次の目的地の皇鈴山になっていてちょっと不安になります。

皇鈴山、1.2kmとなっているので、その手前にある愛宕山はもっと近いはずです。

車道を歩かずに下の案内板の横を通り森の中へ入っていきます。

車道沿いにはこのように案内板と階段があるので登山道だとすぐにわかるようになっています。愛宕山までは何度か車道を歩いたり、登山道に入っていったりを繰り返します。

最初の目的地の愛宕山と次の目的地の皇鈴山の名前が案内板に出て来ました。愛宕山まではあと200mです。

橋場の駐車場から約1時間半で愛宕山の山頂に到着しました。山頂には三等三角点が設置されています。山頂の案内板には標高は書かれていませんが、国土地理院のサイトで見られる地図で確認すると654mだとわかりました。

これが愛宕山の山頂に設置されている三等三角点です。多くの三角点は欠けていたり文字が判読不能だったりするのですが、ここの三角点はかなりきれいです。訪れる人が少ないということでしょうか。

また風雨にさられて山頂の土が飛ばされ、地面に埋まっていた三角点がむき出しになっているところが多いのですが、ここはしっかりと地面に埋まっています。あまり強い風が吹かないのでしょうか。

愛宕山の山頂は全体が樹木に覆われているのですが、それほど木は多くないため遠くの山が見通せるところもあります。しかし数年で木が成長して見えなくなってしまいそうです。

愛宕山の山頂には次の目的地の皇鈴山への案内板があります。愛宕山から皇鈴山までは、700mほどしかないようです。

愛宕山から皇鈴山まではほとんどアップダウンもなくあっという間に到着します。ここ皇鈴山の山頂はまわりを樹木に覆われていますが、山頂スペースは広く屋根付きの休憩舎やベンチ等が設置されていてゆっくりと休憩がとれるようになっています。

また皆野町や長瀞町方面は木の間から良く見えるのでベンチに座って見晴しを楽しめます。

屋根付きの休憩舎の横に山頂の看板が立っています。この看板にはちゃんと標高が書かれていました。皇鈴山(みすずやま)の標高は、679mです。

皆野町から長瀞町が荒川に沿って出来上がってきた様子がよくわかります。奥の双耳峰は御荷鉾山です。

正面のこんもりした山は美の山です。花の季節は桜を始めとする様々な花を楽しめる山です。車で頂上まで上れてしまいます。

皇鈴山でゆっくりと休憩し、見晴らしを楽しんだら、次の目的地の登谷山へ向かいます。ここから30分くらいは歩きます。

(→ 愛宕山~皇鈴山登谷山釜伏山(秩父) 2/2 へ)

[スポンサードリンク]

 - 埼玉県 , , , , ,