赤石山

長野県
スポンサーリンク

駐車場情報

木戸池駐車場

ここを起点にして、志賀山や四十八池、そしてさらに足を延ばして大沼のほとりまで歩くことができます。

さらにそこから赤石山を登り、四十八池まで戻るという周回コースもあり、志賀高原の自然を満喫できます。

この場所は駐車場というより、駐車スペースといったところでしょう。

すぐ近くの木戸池のほとりには公衆トイレもあり、駐車も可能です。

位置下の地図(グーグルマップ内)のPの場所になります。
料金無料
駐車可能台数約20台
最終確認日2003年10月4日
備考 

登山ルート情報

木戸池~大沼~赤石山~木戸池

出発地点木戸池駐車場
所要時間6時間20分
登山ルート 木戸池駐車場~四十八池湿原~大沼~赤石山~鉢山~四十八池湿原~木戸池駐車場

大沼散策ルート

出発地点471号線沿いの無料駐車場
所要時間約3時間
散策ルート駐車場~大沼池入口~大沼(往復)

テント場情報

木戸池キャンプ場

志賀高原で唯一のキャンプ場で、標高が1,640mもあるため、夏でも朝晩はかなり冷え込みます。木戸池温泉ホテル入口手前の駐車場の向いがキャンプ場です。

営業期間6月中旬~10月下旬
利用料金大人:800円
申し込み先(お問い合わせ)木戸池温泉ホテル:0269-34-2821)
備考詳細は、木戸池温泉ホテルオリジナルサイトへ → こちら

トイレ、コンビニ情報

トイレ情報

木戸池温泉ホテル前に公衆トイレがあります。大沼レストハウス及び赤石山方面奥にあります。

コンビニ情報

駐車場の近くにはありません。

おすすめ登山地図

おすすめの登山地図は、昭文社の「山と高原地図/(17)志賀高原」です。

山頂からの大沼の見晴らしはすばらしい

山行日2003年10月4日(土)
山行形態単独
天候晴れ

赤石山の山頂は、山頂と呼べるだけのスペースどころから人が一人立っているだけのスペースさえありません。仕方がないので山頂のちょっと先にいったら、山頂にある大きな岩と色づき始めた葉そして眼下にはコバルトブルーの大沼が見える場所があったので救われた感じがしました。

そして大沼の奥の山が志賀山です。

木戸池の登山口からひょうたん池、渋池等の池を眺めた後、四十八池湿原にやって来ます。ここは尾瀬のような湿原というよりもずっと規模の小さい赤城山にある覚満淵湿原のようです。

よく見るとところどころに池塘があるのですが、ちょうど時期がわるかったのか花は殆ど咲いてはいませんでした。

湿原の中を木道に沿って通り抜けると道が左右に分かれます。左の鳥居をくぐって登山道を登っていくと志賀山です。今回は右へ進み階段をずっと下って大沼まで下りていきます。

この時期は、夏は終わり紅葉にはまだ早いと言う中途半端な時期だったようで訪れている人は殆どいませんでした。正面には志賀山が見えます。

木陰もあり、木の下には丸く木製のベンチが設置されており、のんびり休憩できます。

池のすぐ近くには、レストハウスがあり、軽食やおみやげも売っています。

赤石山へは、レストハウスの右横を通り抜け奥にすすみます。

それほど有名なやまではないのですが、案内板はしっかりと設置されているので道に迷うことはありません。

ただ、登る人は少ないようで、設置されていた木製の階段は完全に崩壊していました。足元に注意して登る必要があります。

赤石山の山頂は、ここです。平らなスペースは全くなく、登山道の脇に三角点と案内板が設置されているといった感じです。

タイトルとURLをコピーしました